リーガルウォール:東京・渋谷のNPOによる、壁の落書きをグラフィティーアートに変える活動

東京・渋谷のNPOによる、壁の落書きをグラフィティーアートに変える活動

2005/11/09

宮下公園リーガルウォール

2003年秋にプロジェクトが立ち上がったものの、当初は行政の理解が得られず壁面をキャンバスとして活用することはできませんでした。


このため最初の半年間は毎週、公園内の壁の落書きをボランティアで清掃し続けることに。


多くの壁が手入れされないまま雑なコーティングを施されており、それらを手作業で剥がすのは大変で、10人がかりでも1日あたり数平方メートルしか進まない大仕事でした。


次第に多くのボランティアが集まってくれるようになり、中には通りがかった人が気づけば一緒に清掃作業に参加する、といった一幕も。


公園内の清掃がかなり進んだ2004年3月、ついに公園内2カ所でトライアルを行なう許可がおり、初のリーガルウォールが実現しました。


このキャンバスに作品を制作したのは2人のグラフィティライター、FATEとPHIL。圧倒的なスキルと感性のもと描かれたこの壁画は、制作当時とほぼ変わらない姿でいまも残っています。


概要

制作期間・・・2004/03/26〜2004/04/11
制作場所・・・東京都渋谷区神宮前6-20-10

参加アーティスト

FATE/PHIL



#by nakajima - | 2005/11/09 00:56:45| 宮下公園 |
| 0 TrackBacks | コメント無し
Blog カテゴリー

Blog 月別アーカイブ

スポンサード リンク